「宇部市役所前」、「宇部中央」バス停から徒歩5分、大駐車場完備

小児眼科外来

  • HOME »
  • 小児眼科外来

 お母さんは赤ちゃんの目を注意深く観察し、少しでも目の位置に異常を感じたら迅速な受診が必要です。
 内寄りの目(調節性内斜視)は遠視が強く、多くの場合、凸レンズやアイパッチで6歳までに適切な治療をしないと視力が得られなくなります(弱視)。外寄りの目(外斜視)は、経過を診ながらプリズムレンズ装用や矯正手術で改善します。瞳が白い場合、悪性腫瘍で手遅れとなることもあります。いずれにしても、乳幼児の目に異常を感じたら早目の受診が必要です。

 当院では、前東京井上眼科病院において小児外来を担当(現在は東京中野済生会病院眼科医長、東京医科大学非常勤助教)していた浅山恵子医師が毎月1回、小児眼科(斜視、弱視、眼瞼疾患等)を主として診療しています。

 診察を希望される方は、当ホームページお知らせ欄で小児眼科外来開設日を確認の上、事前に電話(TEL 0836-21-2321)で予約をお願いします。

 宇部市では、3歳半で環境保健所による眼科健診が行われます。異常を指摘されたら眼科専門医で精密検査を受けてください。
 当院では、9歳未満の小児で屈折矯正治療が必要な場合は、療養費支給申請ができます。また、育成医療、更生医療により医療費補助が受けられます。ご相談ください。

Copyright © 浅山眼科 All Rights Reserved.