浅山眼科では、最新の検査・治療機器を用い、的確な診療を行います。3D-OCT-display

「眼底3次元画像解析装置」は、光干渉断層計(OCT)ともいい、赤外線の光を使い、今まで見ることができなかった網膜の断面像を詳細に描き、視神経乳頭の陥没、神経線維層の厚みや異常などを調べることができます。

検査には保険診療分として自己負担が1割の方は200円必要となります。

3D-OCT2000